上西竜二 初心者 上達 水彩画講座DVD 道具(画材) 描き方

水彩画の道具(画材)

水彩画は、手軽に描けることから、初心者からでもすぐ始めることが出来るなど、多くの人に親しまれています。そして、色が美しくて、水加減一つで色々な表現を楽しめるのが魅力です。
そんな水彩画を始めるにあたっての、道具(画材)について知っておきたい知識をお伝えしています。

水彩画の道具(画材)記事一覧

水彩画の絵の具

水彩画と言っても種類があり、その具には、透明水彩と不透明水彩絵の具があります。どちらも顔料とアラビアゴムで作られています。そして、透明水彩絵の具は顔料の密度が低く、色のびの良いのが特徴で、色を塗ると下の紙や絵の具が透けて見えます。これは絵の具を塗った時に密度が低いために顔料間に隙間ができ、下地が見え...

≫続きを読む

水彩画の用具

水彩画の用具には筆やパレット、絵を描く時に画板を固定するイーゼル、筆洗など色々ありますね。その中でも、特に大事なのが筆です。何故なら、筆は代用できるものがないからです。絵筆には、イタチなどの腰が強くて穂先がきく筆や、リスなどの毛が軟らかくて絵の具の含みがよいものなどがあります。形には、ラウンド(丸筆...

≫続きを読む

良い筆の選び方

水彩画で使う良い筆の選び方をご存じですか?「弘法筆を選ばず」と言うことわざものがありますが、とは言え、書きものをする時には鉛筆やペンなどの書くタッチには、その人の癖や性格なども表れるものです。しかし、そうした癖なども選んだ筆によっては微妙にタッチが変わり、効果も違ってくるので、良い筆を選ぶことが大切...

≫続きを読む

水彩紙の選び方

水彩紙の選び方は大切ですね。水彩画では絵具や筆もさることながら、仕上がりに影響するのが紙です。水彩紙の表面には、キャンバスのような規則正しい布目とは違ったデコボコのある紙目があります。これによって絵具のにじみ方やのり方などの効果が微妙に違ってきます。そして、おおまかに水彩紙には粗目、中目、細目の3種...

≫続きを読む


実践者の声 水彩画の道具(画材) 水彩画の塗り方のコツ 水彩スケッチの魅力 デッサンの基本 リンク集