水彩スケッチの魅力 上西竜二 初心者 上達 水彩画講座DVD 描き方

水彩スケッチの魅力

水彩画のスケッチは誰でも描けるものです。誰でも子供の頃は、青空や星空、花火、はたまた遠足での思い出に残った風景など、その時々の興味と感性だけで描いていた筈です。
今から画家に転身などを考えておらず、趣味として楽しむなら、今の年齢が50歳でも60歳でも、例え70歳からでも関係なく手習いのつもりで水彩スケッチを気軽に始めてみませんか?

 

ここではそんな水彩スケッチの魅力や描き方などを中心にお伝えしています。

水彩スケッチの魅力記事一覧

50代、60代からの趣味には水彩スケッチが最適

ここ最近、絵手紙が人気になっていますね。カルチャーセンターに行けば必ずといっていいほど講座があり、画材店に行けば絵手紙セットが豊富に揃っているものです。特に50歳以上の主婦に人気があり、水彩スケッチの講座も多く手軽に始められることが人気の理由のようです。そして誰しも人生に一度は定年退職など、働きづめ...

≫続きを読む

水彩スケッチの良いところ

水彩スケッチの良いところはどこだと思いますか?水彩スケッチは文字通り、水を使い絵具で彩るものですが、絵画といっても油彩や日本画、パステル、アクリル画など色々ありますが、その中でも水彩スケッチは、簡単でいつでもどこでも手軽に始めることが出来ることでしょう。また、比較的に使う用具が簡単で、水彩絵具はすぐ...

≫続きを読む

風景スケッチの構図を決め方

水彩画で風景を描く時の構図をどのように決めていますか?風景を水彩画を描く上で、それぞれの作品のもっとも効果的な画面構成である構図というのは、思った以上に難しいものですね。何より絵に描いていて映える構図と映えないものがあるので、水彩スケッチする上でのこの作業は最初の大切なステップになります。様々な角度...

≫続きを読む

水彩風景画を上手く描くには?

水彩風景画を上手く描くにはどうすれば良いと思いますか?大人趣味として見事な風景画を描きたいという方も多いことでしょう。実はこれさえ上手くなれば、誰でも素敵な水彩風景画が描けるという方法があるのです。それは「空」「水」「緑」を上手く描けるようになることです。何故なら、この3つは全ての風景に組み込まれて...

≫続きを読む

水彩画の雲の描き方(塗り方)

水彩画で雲を上手く描くことが出来ますか?青い空に白い雲が浮かぶ風景は気持ちがいいものなので、思わず描きたくなる人も多いことでしょう。とは言え、水彩画を始めたばかりの初心者の方なら雲の描き方(塗り方)が分からず、思うように描くことが出来ないという方も少なくありませんね。そんな雲の描き方のコツは、輪郭を...

≫続きを読む

水彩画の波(水面)の描き方

水彩画で波(水面)を上手く描くことができますか?水のある風景は描きたくなるものですが、水面の表情は様々なこともあり、海や湖など水辺は描くのが難しいように感じるかもしれませんね。特に水彩画初心者の方なら尚更でしょう。そして、少しでも風があれば海面や水面に波が起きるので、これが表現できるようになると水彩...

≫続きを読む

水彩画での山(山林)の描き方

水彩画で樹木や山林などの山の風景を描いてみたいと思いませんか?良く同じ樹の種類のものが左右に並んでいる山林などの山の風景を良く見かけますね。こうした場合の山の描き方は、1本ずつ塗っていくよりもまとめて全体として塗っていったほうが上手く仕上げられるんですね。基本的には、1本の樹木を塗る場合とあまり違い...

≫続きを読む

水彩画の遠近法について

絵の構図といえば一番はじめに思い浮かぶのが遠近法ですね。水彩画が初心者の方は特に、風景を描く際にどうしても奥行がでず、平面的になってしまうという方も多いのではないでしょか?そして、奥は手前より暗く小さく見え、手前は大きく見えるものですが、この明暗を遠近法でを上手に描ければ奥行きのある水彩画になります...

≫続きを読む

水彩画の風景の塗り方のコツ

失敗しない水彩画の風景の塗り方をご存じですか?そもそも水彩絵具で塗る時に失敗する多くの原因は、続けてどんどん塗りすぎてしまい暗い色調の絵になってしまうことなんですね。その為、失敗しない水彩画の風景の塗り方は、最初は薄く塗りはじめて徐々に濃くしていく塗り方が、一番失敗しない有効な方法です。そんな風景画...

≫続きを読む

水彩はがき絵を始めよう

風景スケッチや花などを題材にした水彩はがき絵を始めてみたいと思いませんか?日常の様々なシーンで、友人やご家族、親せき、お世話になっている人に何かを伝えたい時にどのような手段をとっているのでしょう。日々忙しいと、電話やメールなどで簡単にすませてしまいがちですよね。特に最近は、LINEなどのSNSやメー...

≫続きを読む

水彩画の旅をしよう

水彩画のスケッチのテーマを探して旅をするのは、とても楽しいものですね。今や、趣味に水彩画というのは大変人気で、週末にもなると多くの方が街角で筆を走らせています。身近な場所にもスケッチの対象となるのも色々ありますが、日本各地の様々な景色や景観を求めて自分でスケジュールを決めて行う旅は魅力がいっぱいでし...

≫続きを読む

水彩画の樹木の描き方

水彩画で樹木を上手く描くことが出来ますか?観光名所など景色の美しいところに行くと、たいていスケッチブックを広げて風景などを描いている人を良く見かけますよね。そして、樹木は風景スケッチを描くには欠かせないモチーフになりますが、立体感を出してそれらしく描くのは意外と難しいものです。特に水彩画を始めたばか...

≫続きを読む

花の描き方

花は水彩画のモチーフにも良いですね。とは言え、花びらを描くのが難しと感じてしまい、敬遠している方もいらっしゃるではないでしょうか。ですが、ちょっとくらい省略して描いても、雰囲気のある絵になる主題です。そんな水彩画の花の描き方は、まず鉛筆で下書き(デッサン)をします。この時には花びらの多い花の場合は、...

≫続きを読む

水彩画での桜並木の描き方

水彩画で桜を描いてみたいと思いませんか?特に春の桜並木は多くの人が水彩画で描きたい風景のひとつでしょう。何より、桜の花びらの色は他の樹木や花と違い、とても淡いピンク色をしています。その為、出来ればセットで入っている絵の具ではなく、さくら用に1本用意しておくと良いですね。ただ、水彩画を始めたばかりの初...

≫続きを読む

寺社(神社)の描き方

水彩画で寺社を上手く描くことが出来ますか?国内をスケッチすると、お寺や神社を描くことも多くなるものですね。ですが、いざ始めてみると描きづらいところも結構あるものです。私の場合は岡山に住んでいるので自宅からも近い備中国分寺の五重の塔が水彩スケッチのお気に入りのスポットです。とは言え、私も最初は苦労しま...

≫続きを読む


実践者の声 水彩画の道具(画材) 水彩画の塗り方のコツ 水彩スケッチの魅力 デッサンの基本 リンク集