樹木 描き方 上西竜二 初心者 上達 水彩画講座DVD

水彩画の樹木の描き方

水彩画で樹木を上手く描くことが出来ますか?
観光名所など景色の美しいところに行くと、たいていスケッチブックを広げて風景などを描いている人を良く見かけますよね。

 

 

そして、樹木は風景スケッチを描くには欠かせないモチーフになりますが、立体感を出してそれらしく描くのは意外と難しいものです。
特に水彩画を始めたばかりの初心者の人は尚更でしょう。

 

 

そんな樹木の描き方のポイントとなるのは、まずは幹や枝の形や流れをよく観察することが大切です。
また、手前に枝を描く構図で、遠近感を出している風景画も良くみられます。

 

 

そこで、まず水彩画での1本の樹木の描き方としては、葉が生い茂っているところを円で形をとります。
そして、中心線を縦横に薄く引きます。
高い木の場合は、横の線を何本か増やして高さを分割すると良いです。

 

 

幹と枝は、良く見て描き、葉で隠れている部分もその存在感が感じられるように、どのような流れになっているかを捉えて描きましょう。
葉は細かく描き込みないようにし、枝ごとのブロックごとに形をとらえて描くと良いです。

 

 

この時には、明るい部分と影のある境が分かる程度の薄い線で描き、鉛筆の線は目立たせないで、葉のやわらかさを彩色で表現します。
ただ、枝は線を生かしたいので強めにはっきりと描きます。(自分の場合はBの鉛筆でデッサンしています。)

 

 

そして、塗り方は明るい部分から塗り始めるのがコツです。
と言うのも、その明るさを基準にすれば、どのくらいの濃さで塗ればいいのか決めやすくなるからです。
大まかでいいので、薄い、中間、濃い(暗い)の3段階にして捉えるとやりやすいです。

 

 

何より、水彩画は、濃く塗ったところは薄くすることは出来ませんが、薄い部分は濃く塗り重ねることは出来るので、後から修正することも出来るわけです。
例えば風景スケッチで空をごく薄い色にしておけば、あとから空の色に葉を描き足すことなども出来ますよね。

 

 

したがって、水彩画の樹木の描き方のコツは、下絵(デッサン)は線に強弱使い分け、彩色は明るい部分から塗り始めるようにすることです。
このように色を塗る順番を変えてみるだけで、陰影のつけ方も プロが描いた絵のようになります。これは知っているだけですぐにできますよね。

 

 

なお、樹木の緑には原色のグリーンは使いません。
何色かのグリーン系をにじませて自然な色味にし枝先の葉は、太めの筆の穂先を使って色々な向きの点で表現すると上手く描けると思います。

 

 

色の選び方に困るのは、見たままを描こうとし過ぎているんですね。お題の色味とは少し違う色を使っても、雰囲気が出せる色の使い方があります。
それを知っていたなら、どの色を使えばいいかわからないという悩みが一瞬で解決できるでしょう。

 

 

この上西竜二先生の初心者でもいきなり上達する水彩画講座DVD3弾セットでは、市販の教材にありがちな、大事な部分だけ編集してあったり、他は早送りして省略されていたりすることは一切ありません。

プロの画家の描き方がノーカットで最初から最後まで分かりますので、描き方のコツなどをもっと詳しく知りたい方には最適です。

 

また、老後の趣味として教室に通って積極的に仲間を増やしながら水彩画を楽しむ人がいる反面、教室は女性が多くてちょっと恥ずかしいという男性もいらっしゃるでしょう。

 

他人の評価が気になって苦手意識を持ってしまったり、興味はあるけれど今まできっかけなかった人も、プロの下絵(デッサン)から色塗りの描き方を自宅に居ながらマスターできれば、あなたは大好きな絵をさらに自信を持って描けるようになり、今後の人生がより楽しめ充実することでしょう。
ぜひこの機会に、心躍る水彩画の世界に足を踏み入れて見て下さい。

 

 

これまで頑張ってきたご自身へのご褒美や、プレゼントにいかがですか?

 

初心者でもいきなり上手に描ける水彩画講座DVD3弾セットの詳細を見てみる

 

 


実践者の声 水彩画の道具(画材) 水彩画の塗り方のコツ 水彩スケッチの魅力 デッサンの基本 リンク集